【春日部DS】そうだ、カヌレを焼こう(後編)、激安タブレット降臨の巻

おはようございます!最近はパスタが主食の三号です。
パスタ、安い上にバリエーションが色々あってイイですよね。

私はクリーム系が好きなので、昔はよくカルボナーラを研究していたものですが、生クリーム、
パンチェッタ、ちょっといいチーズなんか揃えて作ったりすると、三日はカルボナーラを
食べなくてはいけないのが少しツラいところ。
いや、めっちゃ美味いんですけど、少しツラい…。

さて、先週に引き続き、「カヌレ」を焼いて行こうと思いますが。

突然このページに飛んできて「わけがわからないよ。」
という方は、よろしければ前編からお読みください。

果たしてパソコンメーカーの中の人が作る【カヌレ】とは?(※別に普通です。)


②材料を用意して下準備をしよう。

★recipe★
*牛乳 … 250cc
*グラニュー糖… 120g 
*薄力粉 … 50g
*卵黄 … 40g
*全卵 … 50g
*バター … 20g
*ラム酒 … 50cc


その他:バニラオイル5滴くらい。
分量外で型に塗るバター少々。
製菓用なので、バターは無塩です。

卵は感覚的にM玉で卵黄三個分、余った卵白と足して90グラムになるくらいのイメージで。
カラザ、卵黄の薄皮を除いておきたいのと、卵白をしっかり混ぜたいので、一度濾しておきます。

バニラエッセンスだと加熱によって風味が飛んでしまうのでオイルを使用しています。

また、ラム酒は製菓用の物で十分かと思いますが、香りが強く、加熱しても風味が飛びにくい
「ラムダーク」を使用します。

コーンスターチを入れるレシピもあったりしますが、本場のしっかり詰まった感のあるあの
食感には、コーンスターチは入ってない気がするんだよなぁ…。

これがだいたい6個分くらいの分量となります。
本格的になると、バニラビーンズ(さやのやつ)とか、蜜蝋とかを使用しますが、今回は
なるべく安価、かつ入手の容易な材料のみで作っています。


③生地を作ってみよう。

・ふるいに掛けた薄力粉とグラニュー糖をボウルで混ぜます。

・牛乳は沸騰しない程度に軽く鍋で温め、バターを溶かします。

・その間に卵とを粉類と合わせ、ほどほどに混ぜておきます。

・軽く粗熱をとった牛乳を上記粉類と混ぜます。

・ラム酒とバニラオイルを加え、よく混ぜたら生地の完成です。

かなり"ゆるい"というか、だいぶシャバシャバしており、クレープ生地より水っぽい感じに
仕上がりますが、焼けばしっかり固まるので大丈夫です。

また、完成した生地は冷蔵庫で一晩12時間程度寝かせるのが基本みたいです。
寝かせずに焼くと、生地が膨張して型からビヨーンとはみ出し、エライこっちゃになるようで。


④焼いてみよう。

いよいよ焼いていく訳ですが、正直焼き菓子の中でもかなり難易度の高いシビアな焼き加減です。
海外など本場の作り方を見ても、「焦げる寸前ギリギリまでカリカリに焼くのがベスト」的な感じで
書いてあります。(どないやねん…。)

当然キッチリ型に入っており、中など見えません。
型の上から見える部分で判断するのも限界があります。
ある程度基準となる時間焼いてみて、あとは型から出して焼き加減をちょこちょこ確認するしか
無さそうですな…。

ニッポンの変態的技術を駆使して「カヌレ焼き機」とか作ったら、自動制御でキッチリ絶妙な
加減で焼いてくれそうだけれども…。

さて、そんな技術も勘も経験も無い私としては、やはり手探りでやってみるしかないでしょう。

・オーブンを220度に予熱します。

・常温で少し柔らかくなったバターを、型の内側に塗って準備をします。

・寝かせておいた生地を軽く混ぜ、型に流し込みます。(グツグツ煮えるのと、多少は膨張
するので、型のフチに対して5mmくらいの余裕を持たせた液量にします。)

・予熱が終わったら、まずは60分焼いてみます。

まずオーブンの温度ですが、機種・個体により結構差があり、実際には設定した温度より
少し低いことが多いようです。
きっちりやるならTANITAなどから出ているオーブン用温度計などを庫内に入れて様子を
見るのも良いでしょう。
しっかり温度が出る大き目のオーブンであれば、200~210度くらいでも大丈夫なようですが、
高めの温度で焼いた方がパリっと感が出るとの話もあるので、気持ち高めで設定しました。

IMG_0131.jpg

さて…焼き上がりですが、オーブン内の置き場所によっても若干温度差があるため、6個すべてを
同じ具合に焼くというのがまた難しいところではありますが、おおむね良好な焼き上がりです。
(ちなみに焼き時間を5分延長していますが、奥に見える子は頭がちょっと焼き足りないですね。)

IMG_0137.jpg

味についても、しっかり「カヌレ」であり、外はカリっと、中はしっとり、焼きたてという事もあり、
風味も食感も正直市販の物よりワンランク上なのではないでしょうか。

「型」の調達は色々大変なところがありましたが、実際作ってみたらそこそこの出来栄えで、
実際に食べた感想としても非常に満足度は高かったです。

なんやかんや今までに三回ほど焼いておりますが、おおむね問題無く無難に焼けているので、
奮発した「型」が良かったのかな、と思う事にします。

とても簡単なので、みなさんもご自宅で「カヌレ」焼いてみてね(震え)

………

そして今日のオススメ商品は…

春日部ダイレクトショップがオススメする
■□■コスパ◎(二重マル)スゴイ新型タブレット■□■
wn891-1.jpg
【WN891】
■OS:Windows 8.1 with Bing 32ビット
■CPU:Intel® Atom™ Z3735F 1.33GHz(4Core)
■メモリ:2GB PC3-10600 DDR3L(オンボード)
■ストレージ:32GB eMMC
■グラフィック:インテル® HD グラフィックス
■液晶モニタ:8.9型 1280x800光沢液晶(マルチタッチ)
■その他:無線LAN/b/g/n/Bluetooth4.0、microSDスロット
■その他②:webカメラ、micro HDMI出力、脱着式キーボード

29,800円(税込)


先週の発売以来、早くも一日に一台は売れるヒット商品になりました。
こんなに動きがある商材は、正直昨年末の「Stick PC」以来です…。
一回り小さい8インチのタブレットも売れていますが、こちらはお値段こそ3000円ほど高く
なりますが、一回り大きく(気持ち)画質の良いディスプレイと、脱着が容易なマグネット式
キーボードが付いています。

wn891-2.jpg

しかもこのキーボード、畳めば持ち運びに便利なケース的な雰囲気になりますし、
背もたれ部分を折ってあげるとスタンドにもなる優れもの!
本体も少しラバーっぽい(滑り止め?)加工がされており、この価格帯で考えると質感も
頑張っている感じです。
かなりいい感じの売れ行きですが、今のところ春日部には在庫がございますので、
まずは現物確認だけでもお気軽にどうぞ!

ブログ掲載品以外にも、店舗即納品が色々ございます。
インターネット、お電話、メールでもご注文可能!
この機種以外の事でもお気軽にご連絡ください。

tenpo_thokusou.jpg

その他の新機種、店舗オリジナルモデルも随時入荷中

0605soku-title2.gif

パソコンのご購入、買い替え、修理、アップグレードなど、
パソコンについてのご相談は、春日部ダイレクトショップまで


ご一読ありがとうございました!
プロフィール

MouseDS

Author:MouseDS
BTOパソコンの『マウスコンピューター』ダイレクトショップから、おトクな情報をお届けします。

最新記事
カテゴリ
リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QRコード